最近、またエンストするんです。
それも交差点の右折待ちしてるとき

エンストしてもたもたしていると、邪魔だ!ドケドケ!
みたいに、すぐ横をすり抜けていくんです。
それはそれは怖い思いをします。

実際、迷惑かけてるのはワタシなんですけど、やっぱり怖い

これ、カブの話なんです。

たぶんバッテリーが弱ってきてるんじゃないかと予想がつくのですが、
カブのインジェクションモデルはバッテリーが上がってもキックスタートでき走ることができるんです。
凄いですね。
普通のインジェクションモデルはエンジン始動することすらできないんだよね。
バッテリー上がったらクルマと一緒

で、このエンスト
バッテリーが弱ってきてることとでミスファイヤ起きてるんじゃないかと思います。
実際エンストするのはアイドリング状態で、走ってるときは大丈夫
たぶんそんな感じ?

そういえば、前回バッテリーを交換したのは24000kmくらいのときでした。
現在45000kmなので距離にして21000km走行してます。
交換サイクルは純正バッテリーが3年、次は国産ユアサ(純正同等)のもので4年経ってます。
カブの中では7年ももったという記事を見たことがありますが、そういうのは比較にはならないかもしれません。

でも、正直それほど長持ちしてるとは思えないです。

怖い思いをしないために、
厳しい冬が来る前に、
そろそろバッテリー交換が必要なのかもしれません。

しかし、バイクのバッテリーってなんであんなに高いんだろう??


9月13日
追記

そういえば前回もおんなじような症状でO2センサーが云々と書いてたことを思い出した(汗)
結局バイク屋さんでみてもらってプラグ交換やら添加剤やらを入れてもらった記憶がある。
やはり、ここはO2センサーを疑ったほうがよさそうだ。
今度の自由時間に整備しよう(笑)
関連する記事
コメント
コメントする