パンダのメーターパネル
各スイッチと時計の照明が点きません。
夜は手探りでスイッチ操作だし、時間もわかりません(^^;;



そこで、やっと重い腰を上げて電球交換をしました。

ちゃんとバッテリーのマイナス端子を外してから作業開始しましたよ。
電気作業ではいつもバチッとするから怖いです。

電球交換はメーターパネルを外し、スイッチユニットと時計を外して交換します。
ハーネスが付いたままだとやりにくいですね。



あとパーツが全て樹脂製なのでネジの締め過ぎには注意ですね。

外した電球



用意したのはコイトの1-10
12V 1.2W T5です。
1.2Wだと低いのかな?
時計は読めますがスイッチ照明は暗いです。



なんとか点灯してることがわかる程度
手探りで操作できるくらいだから特に問題はない。
面倒くさいのでこれで終了です(笑)
関連する記事
コメント
こんばんは〜!

時計は見えますが
スイッチ類はいまいちな感じで・・
これはリベンジしないといけませんね〜!・笑

やはりここは時代のLEDってやつに・・笑
  • by ターダクン
  • 2018/03/04 6:05 PM
こんばんは。
私のラフェスタ、夜になると室内が暗いです。
コストダウンのためか、スイッチ類に殆ど、
ランプがなくATのシフトパターンも点灯しません。
シンプルなハズのVWの方が、メーターまわり、
ダッシュボードまわりが派手です。
  • by Kazumasa
  • 2018/03/04 6:44 PM
>ターダクンさん

LEDですか!?
それも考えもなくはなかったのですが、、、
以前、ウインカーのLED化に挑んだとき思ったのです。
パンダって、こう見えてもけっこう電気の流れに繊細で、バランスが崩れてしまうと規定量の電気量が流れなくなるんじゃないかと思うんです。

で、今回は電球交換です。

ウインカーだけかもしれませんがね?
  • by ホグ
  • 2018/03/05 7:12 AM
>kazumasaさん

演出って大切ですよね。
機能美って言葉もありますが、やっぱり小粋な演出があるとニヤッとします。
自己満足ですどね。
大事だと思います。
  • by ホグ
  • 2018/03/05 7:16 AM
コメントする